無脳症 原因 生存率

こちらは葉酸サプリおすすめランキングです→葉酸サプリ 口コミ
実際に6商品を自腹で購入しました。選ぶ際の参考にどうぞ♪

無脳症の原因と生存率とは?

無脳症

胎児の障害にも様々な種類がありますが、特に無脳症は重篤な症状とされています。

 

無脳症とはどんな症状かも知っておきたいですが、名前からもわかるように無脳症とは、脳がない、あるいはほとんどが欠損している状態を指します。

 

それゆえに出産したとしても生存率は低く長く生きられないとされています。

 

無脳症とはどうして起こるのか、その原因についても知っておきたいですが、今のところ原因ははっきりしていません。

 

遺伝的な要素が原因といわれる場合もありますが、医学的な根拠はないものとなっています。

 

こうした症状が出ることはできるだけ避けたいですが、妊娠初期に葉酸不足になるとこうした症状も出やすいとされていますので、葉酸不足には気をつけたいところです。

 

葉酸は神経管閉鎖障害に効果があることで知られており、厚生労働省でも注意喚起がされ、母子手帳にも記されています。

 

食生活に気をつけていると、不足することは少ないとされていますが、熱に弱く調理などで分解されてしまう場合もありますので妊娠を考えている女性は積極的に摂っていきたい成分です。

 

体内に蓄積されることが少ない成分ですので、毎日しっかり摂ることが大切です。
手軽に成分を摂りいれるのであればサプリメントなどを活用すると良いでしょう。


無脳症と葉酸の関係性

最近は盛んに妊娠前からの葉酸の摂取の必要性を言われるようになりました。

 

それには理由があり、妊娠中に葉酸不足になると無脳症などの神経管閉鎖障害を引き起こす可能性があるからです。

 

神経管閉鎖障害の中でも特に重い症状が無脳症なのですが、この病気は、名前のとおり脳がない状態の奇形症です。脳や脊髄がうまく形成されず、脳が全くないか、大部分が欠損してしまっている状態です。

 

脳幹は生命維持に特に重要な役割りを果たすため、この部分が欠損しているとなると、発症したほとんどの胎児が死産してしまいます。例え出産したとしても1週間以上の生存は難しいのが実情です。

 

無脳症になる原因は様々ありますが、その一つが葉酸不足です。

 

リスクを減らすには葉酸の摂取が好ましいとされてますが、摂取し始めるタイミングも大切です。神経管閉鎖障害は妊娠初期に起こるので、妊娠したいと考えた時から摂取する事が望ましいのです。

 

妊娠初期に必要な葉酸の量は1日あたり0.4mgです。葉酸は加熱によって流出してしまうので、確実に0.4mgを摂取するには葉酸サプリが便利です。

 

水溶性ビタミンなので、仮に過剰摂取したとしても余計な分は体外へ排出されるので、過度な心配をする必要はありません。